トップ / 求人に選び方のポイント

求人に選び方のポイント

求人に関する学び

運転

求人の多い今こそ選びたい業種

グローバル経済の中で、為替レートは企業の業績に大きく影響します。個人の生活への影響はあまり実感しにくいですが、過度な円高で、製造業の工場などが海外に流出し、国内の求人は極端に減ってしまいました。1ドル80円の円高では、100ドルのモノを売っても800円にしかならないので、国内生産では採算が取れませんでしたが、円高が修正されて、1ドルが120円になれば、100ドルで1200円になり、国内生産でも採算が合う上に、技術や品質管理も安心です。そこで、製造業の国内回帰に伴って求人も増えていますが、不景気でまた職を失わないように、こういう時こそ雇用を守る会社を選ぶようにしましょう。過去の不況で雇用を守り、現在の従業員の勤続年数が長い会社を選ぶことがポイントです。

不景気にも強い業種を選ぶ

アベノミクス効果で、過度な円高の修正が進み、製造業の工場の国内回帰が進むなど、国内の求人も増えています。その一方で、少子化で働き手の数は先細りが予想されるため、企業は今のうちに人材の確保をしようとしています。しかし、景気には波があって、残念ながら常に右肩上がりとはいきません。不景気や先が見えない状況になると、再び人員の調整をする企業ではなく、雇用を守る企業を選ぶのが大切です。面接の際に、求人情報には出ていない、従業員の平均勤続年数を聞くと、過去の景気の波で会社が雇用を守ってくれたかを知る指標になります。

↑PAGE TOP